ピルの第1世代、第2世代、第3世代、第4世代の違い

黄体ホルモンの種類によって分類

ピルは含まれる黄体ホルモン成分の種類で第1世代、第2世代、第3世代、第4世代ピルに分類されます。
世代別にピル製品を知りたいならこちらのページ≫≫ピル選びの一覧表

第1世代ピルとは

オーソ

オーソ

まず第1世代ピルは1960年代に開発されたノルエチステロンという黄体ホルモン剤を使用したものになります。オーソがこれに相当します。
第1世代ピルではどうしても、黄体ホルモン量が多めになる傾向があります。しかしアンドロゲン作用(男性化症状)が少ないことから、マイルドなピルとして根強い人気があります。ピル発祥の国アメリカでは、第1世代ピルが主流となっています。

 

第2世代ピルとは

トリキュラー

トリキュラー

第2世代ピルは、レボノルゲストレルという黄体ホルモン剤を使用したものになります。トリキュラー、アンジュなどがこれに相当します。トリキュラーは国内でポピュラーなピルです。
第2世代ピルは低用量のエストロゲンでも、しっかり効き目がある画期的な製品ですが、アンドロゲン作用(男性化症状)の問題があります。この副作用を解決するため、2相性ピルや3相性ピルにして黄体ホルモン量を段階的に変化させています。
第2世代ピルは、本格的な低用量ピル時代をつくったピルです。黄体ホルモンの効き目が強いことを生かして、黄体ホルモンの総量が低く抑えられています。非常によく工夫された3相性の形を取ることが多く、欠点を抑え長所を生かすことに成功しています。しかし、メリハリがかえって負担になる方やアンドロゲン作用に敏感な方には不向きです。
≫≫トリキュラー21(Triquilar)

 

第3世代ピルとは

マーベロン

マーベロン

第3世代ピルはアンドロゲン作用(男性化症状)を抑えるデソゲストレルゲストデンという新しいタイプの黄体ホルモン剤を使用したものになります。
マーベロン、ジネラがなどこれに相当します。第3世代ピルは、第1世代ピル第2世代ピルの弱点を克服しているので世界中の女性の支持を得ています。しかし20年弱の使用実績期間に不安を感じる方もいるようです。第3世代ピルが、第2世代に比べて血栓症を引き起こす危険性が高いという間違った認識を持っている方もいるようですが、第2世代と第3世代の間で差は無いことが証明されています。
≫≫マーベロン28(Marvelon28)

 

第4世代ピルとは

ヤーズ(ヤズ)

ヤーズ

第4世代ピルはドロスピレノンという黄体ホルモン剤を使用したものになります。
ヤーズ(ヤズ)がこれに相当します。第三世代以前と比較してホルモンバランスの変化による体重変化やニキビの発生率が少ないと言われています。従来のピルが身体に合わない方に処方されています。ドロスピレノンは超低用量ピルに多く使われています。
≫≫ヤズ(Yaz)

 

次のページ≫≫一相性ピル、二相性ピル、三相性ピルの違いとは

21種類の購入可能なピルを最安値で世代別に掲載
当サイトの人気ページ≫≫ピル選び一覧表